ブログ
Blog

大好きなゲームを作っていた24歳青年は、プロの世界で敗北感を知ることに…。コウダプロで人生逆転させます!【コウダプロの社員紹介 Vol.13】環境衛生事業部:大村 瑞貴

 

こんにちは!コウダプロ未来開発室の原口です(/・ω・)/

先月より、福岡県内の大賀薬局様(一部店舗)にて「アスガール顆粒」のお取り扱いが開始されました!
https://asu-girl.com/

オーガマン様とウサギママのコラボレーションを是非お楽しみください♪

 

さて、本日はコウダプロ新卒3期生の大村のプロフィールシートをご紹介致します。

■部署・入社時期
環境衛生事業部/2021年4月入社!

■入社のきっかけ・理由
オタクカルチャーを発信することに興味があったから。
社長が面白い人だと感じたから!

■コウダプロの面白いところやワクワクするところは?
ビジネスを行っていく上で必要なことが学べる

■あなたにとってのコウダプロとは?
色んなことにホットな環境!

■働くうえで大事にしていることは?
貢献意識を持つこと。
誰と成し遂げるのか。

■どんな人でありたい?
自分自身が幸せ、周りも幸せにできる人

■今の自分の課題は?それをどうしていきたい?
自分の意識が内側にこもってしまうこと。
明るくなりたい。

 

とあるゲームアプリが大好きな大村。

そのゲームをするために早起きし、仕事の休憩中にもプレイし、友人からの飲みの誘いをゲームを理由に断るぐらいそのゲームが大好きな24歳です。

そんな大村はそのゲームが大好きすぎて…

 

かつて、それを作る仕事をしていたのです!!!

 

初めて大村とオンライン面談をした際、彼はこう語っていました。

大村「僕、とあるゲームアプリが大好きで、いつもTwitterでそのゲームのことを呟いていたんですよね。そしたらある時、そのゲームの公式アカウントが僕のツイートに反応してくれたんです!これは何かのチャンスかと思い、ゲームの製作者募集のサイトを見てすぐに応募しました。ゲームを作ったこともなければ、プログラミングなどの知識もありませんでしたが、面接ではただひらすらゲームへの愛を語りました。合格の連絡を貰ったときはとっっっても嬉しかったですね。」

 

この世で他にないぐらい理想の職を手に入れたのにも関わらず、なぜ大村は今コウダプロで働いてるのか?
それは簡単に言うと、そのゲームの製作者として十分な実力を発揮できなかったからだそう。

 

大村「宮崎出身の僕にとって、初めての上京で、夢のような仕事ができて、天にも昇る気持ちでした。ですが、さすがはプロの世界で、自分の成果を厳しく評価されていました。残念ながら、僕はその世界では十分な力を発揮できず、半年程で去ってしまうこととなりました。弱冠20歳にして『プロとして働けなければ必要とされない』ことを実感しました。」

 

その後大村は地元宮崎へ帰り、コールセンターで通信機器の営業を行っていました。
夢が経たれた後で、地元のコールセンターで働くだなんて、絶望感で仕事に身が入りそうにないと思うもの。
ですが、大村がすごいのは、ここで腐らずに誠心誠意仕事に取り組んだことです。

 

大村「コールセンターでは、SVとして幅広く仕事をしていました。こちらから電話をかけて商品のご案内をする仕事で、決して楽なものではありませんでしたが、僕の提案により、お客様の家計の負担が軽くなったときなどは喜びややりがいを感じていました。」

 

腐らず一生懸命仕事に取り組んでいた大村でしたが、やはり「自分の人生このままでいいだろうか?」との葛藤は抱えていたそうです。

そんなとき、たまたまコウダプロの募集を見つけ、面白そうだと思い応募した大村。
代表の幸田とわたしは、初めて大村とオンライン面談をした際に上記の話を聞いて、大変感動し、とんでもないパワーを持っている若者だと感じました。

「挫折を知り、絶望感を感じた。あの頃に戻りたくてたまらない。だけど過去に固執するのではなく、もう一度ゲームを作っていたときのような人生へのワクワク感を感じたい。」

そんな大村の想いがパワーを生んでいたのです。

そのパワーを持って、現在は環境衛生事業部の一員として、事業部の立ち上げを目指し、同期と切磋琢磨しています。

「毎日仕事をする中で、ゲームを作っていたときのようなワクワク感や楽しさを感じていますか?」と聞いてみたところ、「感じています!ですが、同じぐらいのワクワク感や楽しさか?と考えるとそれは違います。ゲームを作っていたときは、すでに多くのユーザーがいて、このゲームを通じて人々に幸せを提供できている実感がありました。ですが、環境衛生事業部は現在、戦略の構築中で、実際に製品を販売するのは今から、という状況です。ですから、まだお客様に幸せを提供できている実感がありません。きっと最初の1台が売れたら、さらなるワクワク感や楽しさがこみ上げてくると思います。そのために頑張っていきます!」と、非常に正直な胸の内を語ってくれました。

大村が感じている今の自分の課題として、「自分の意識が内側にこもってしまうこと。 明るくなりたい。」とありますが、このプロフィールシートを書いた当時(2021年7月中旬)と今ではまったく別人になっています。
今では、月曜日の朝礼で積極的に手を挙げて発言したり、幸田から何か厳しいことを言われても落ち込まず前向きに取り組んでいたりと、自分を変えようとしている姿勢がまわりから見ても明らかです。

 

宮崎出身の敗北感を知る青年が、今後コウダプロでどのように人生を花開かせるのか。
大村の活躍に是非ご注目ください!

23卒募集中です(-ω-)/

SNSでもご購読できます。

お問い合わせ

Contact

TEL.092-791-5081

FAX.092-791-5087

営業時間 9:00〜17:00 定休日:土・日・祝日