コウダプロの紹介
About Us

コウダプロは

「面白屋」「ワクワク屋」です。そして、競争が嫌いです。代表取締役 幸田八州男
茶室の写真

日本は人口減少社会に突入し、価格や量ではなく、質や差異、個性で勝負をしなければいけない社会であるのに、その認識や必要性が社会に浸透しきれていないように感じます。

ビジネスモデルや組織設計、サービス、プロダクト、プロモーション・・・、あらゆる階層で優れた企画やアイデアが必要なのに、アイデアの出し手が足りていないのが現状です。

いえ、アイデアの出し手が足りていないだけではなく、臆せずアイデアを出せる環境、そのアイデアを受け入れる土壌がまだまだ不足しているのだと感じます。

率直に言うと、現在の日本社会には、優れたアイデアに価値があるという認識が不足しているのだと思うのです。

「浮世離れしたアイデア」「アイデアの為のアイデア」ではない実行可能で成果に直結するアイデアこそがコウダプロの基盤であり、商品の競争力、企業の競争力、ひいては国際競争力をも生み出すのだと考えます。

コウダプロは「面白屋」「ワクワク屋」です。
そして、競争が嫌いです。

コウダプロはどんなに真っ赤な海でも、2時間でブルーオーシャンを見つけてみせます。

コウダプロのロゴ画像

ロゴの由来

コウダプロ代表 幸田のマーケティング理論は、少年時代のザリガニ釣り遊びに原点があります。

いつもヒモの先にパンをつけて池に垂らし、ザリガニが喰いつくのをひたすら待っていましたが、ある時、

「そもそもザリガニが喰いつくかどうかも分からないし、喰いついたとしても上手く引き上げることも難しいのでは?」

と感じた幸田は、自らの腕をザリガニの巣穴に突き刺し、巣穴の奥にいるザリガニを素手で掴むという作戦を考えました。

すると、今までほとんど釣れなかったザリガニが面白いように捕れました。
「やり方を変えるだけで、こんなに結果が変わるのか。。」と。

現在の幸田の口ぐせ「結果を出すには気合と根性も大切だけど、、、アイデアと戦略がもっと必要なんだ…」は、ここから生まれました。

これこそが現在のコウダプロが大事にしている、
「発想の転換」と「接近戦・局地戦に活路を見出す」のはじまりだったのです。

鳥居の写真

企業理念「コウダプロ3原則」

一、感謝の気持ちを持つ
二、柔らかい心を持つ
三、貢献意識を持つ

お問い合わせ

Contact

TEL.092-791-5081

FAX.092-791-5087

営業時間 9:00〜17:00 定休日:土・日・祝日